弁護士借金を何とかするために任意整理してみようと思った、という方もおられるでしょうが、まず何から始めればいいのでしょうか。とりあえず最初にすることは弁護士への相談です。任意整理の手続きは自分で行うこともできますが、スムーズに進めるためには弁護士のような専門家への相談が必須です。

弁護士に相談すれば任意整理のメリットやデメリットについてより詳しく教えてもらえるでしょうし、ほかの債務整理のほうがマッチしている場合にはその提案もしてもらえます。また、弁護士に相談したあとに依頼することになれば貸金業者に受任通知を送ってくれますし、受任通知が送られると貸金業者からの督促もストップします。債務整理期間中の返済義務も免れますからこれもメリットですね。

債務整理を弁護士に依頼すると、弁護士は貸金業者に対して受任通知(弁護士介入通知)を発送して、債務者(依頼者)から債務整理の依頼を受けた旨を貸金業者に通知します。

自分で任意整理を行う場合だと直接貸金業者と交渉することになりますが、うまくいくことはまずありません。相手は金融のプロですし、法律にも詳しいです。うまく丸め込まれてしまいますし、余計不利な条件を押し付けられる恐れもあります。その点弁護士だとそのようなことはありませんし、スムーズに話が進みます。任意整理をしたいと考えているのならまずは弁護士に相談することが大前提です。